コンパニオンアニマルの健康が気になるけれど、動物病院はなんとなく敷居が高い・・・そう思っているご家族の方も多いのではないでしょうか。
動物病院はコンパニオンアニマルが病気になったときはもちろん、それ以外にも頼れる存在であることをご存知でしたか?
病気やけがをしたときに訪れる動物病院ですが、動物病院の多くはトリミングサロンやペットホテルを併設したり、様々なフードやサプリメントを取り揃えたりし、コンパニオンアニマルとのよりよい生活を実現していくためのサポートに力をいれています。
健康なときからかかりつけの動物病院を持ち、獣医師や動物病院のスタッフと密なコミュニケーションをとっておくことは、コンパニオンアニマルとの暮らしを一層安心で楽しいものにしてくれることでしょう。

どんなときに動物病院に行ったらいいの?
日常のケアに
動物病院は、診察や治療のほか、コンパニオンアニマルの日常のケアを行っています。
トリミングサービスのある動物病院では、それぞれの皮膚や被毛の状態に応じたシャンプー剤を用いてシャンプーをしてくれたり、耳掃除や爪切り、肛門腺絞りなどを行う中での健康チェックが可能です。また、日常のケアについて学んだり、ケア用品を購入することもできます。

フードの相談に
コンパニオンアニマルは私たち人間と同様、食事管理は健康管理そのものであるといっても過言ではありません。健康な犬や猫においても、年齢や状態(肥満や活動量をはじめ、去勢・不妊手術の有無など)を考慮した理想的な食事を与えましょう。また、アレルギーなどの特別な悩みがある犬や猫においてはより慎重な食事管理が求められます。でも一人で抱え込む必要はありません。動物病院ではフード選びや与え方の指導も行ってくれます。

しつけに困ったら
犬や猫を初めて家族に迎えるとき、ご家族の皆様はどのように接したらよいか悩むことが多いはず。また、コンパニオンアニマルとの生活が軌道にのってからも、彼らへの接し方について考える機会は多くあることでしょう。犬や猫との暮らしについて解説している本や雑誌、インターネットなどから情報を得ることができますが、動物病院の獣医師やスタッフに相談してみませんか。あなたの犬や猫の普段の行動や生活状況を理解してもらうことは、今後の健康管理に大いに役立ちます。また、動物病院によってはパピーパーティやご家族向けのセミナーを実施しているところもあります。そのような機会を通じて知り合うご家族様同士は「ママ友」ならぬ「イヌ友」「ネコ友」。コンパニオンアニマルとの生活の喜びや苦労を共有できる素晴らしい出会いとなります。

感染症の予防に
犬や猫が罹患する怖い感染症には、ワクチンや薬で予防できるものがあります。また、すべての犬は狂犬病の予防接種を受けることが法律で定められています。感染症の予防のためにワクチン接種に行きましょう。

さあ、動物病院に行ってみましょう!
病院にいくときの一般的な注意点
動物病院では他の犬や猫に出会う場所でもあるので、犬はキャリーバッグに入れるかリードをつけ、猫はキャリーバッグに入れましょう。キャリーバッグに入りたがらない場合や外部環境に敏感な猫の場合はネット(洗濯用のものでOK)に入れて連れてゆくといいでしょう。ネットに入れておいたまま診察を受けることも可能です。

ワクチン接種を希望する際は、犬や猫の体調のよい日を選びます。また、ワクチンは犬や猫の免疫を刺激し、病気に対する抵抗力を誘導するものになるため、まれに発熱、食欲や元気の低下がみられることがあります。万が一、副反応が起こっても適切な処置を受けられるようにするため、午前中の接種が望ましいでしょう。

普段食べている食事の内容と量、排泄の回数と量、その他お散歩の状況などをあらかじめメモしておきます。相談したい事柄と合わせて整理しておくと、獣医師やスタッフとの会話がスムーズにすすみます。

気になる料金ですが、動物には健康保険制度がなく自由診療であるため、人の医療にかかる費用に比較して高額になることが多いです。犬の大きさや、検査・処置内容等によって費用が異なるため、あらかじめ動物病院に問い合わせることも一つの方法です。また、任意で犬や猫の保険に入ることも可能です。動物病院や保険会社に問い合わせてみましょう。

東京都獣医師会
夜間診療ネットワーク
江東区役所ホームページ
江東区の動物病院 東京都獣医師会江東支部
公益社団法人 東京都獣医師会 江東支部
©2015 公益社団法人 東京都獣医師会 江東支部. All Rights Reserved.