ペットの災害対策について
江東区獣医師会は江東区と「災害時における動物救護活動について」の協定を結んでいます。
これにより災害が起きた時にペットと一緒に避難所に避難(同行避難)することができるようになりました。同行避難を実行するためには普段から用意しておくべきことがあります。

個々の飼主が果たすべき責任として
平常時から災害に備えたペット用の備蓄品の確保、避難ルートの確認等の準備をしておくことは勿論のこと、ペットが社会の一員として適正を持つべきであることを認識して、必要なしつけや健康管理を行うことです。また避難所ではペットの世話や飼育場所の管理は原則飼主の責任で行いますので、大勢の人が共同生活を送る避難所や仮設住宅においてペットに関するトラブルが生じないように、ペットを連れていない避難者への配慮やペット自身のストレス軽減の為に普段以上に様々な配慮が求められます。

1.自宅の防災対策を見直しましょう

家具や電化製品の据え付けは安全でしょうか、ヒト用の防災用品はありますか?

2.必要な物資を用意しましょう

動物病院から処方されている薬はありますか?
病歴や、掛かりつけ病院名、連絡先が書かれたもの、水・ペットフードはありますか?

3.キャリーバックを用意しましょう

避難時に使うキャリーバックや犬の引き綱はありますか?

4.迷子札、動物の写真、マイクロチップを用意しましょう

動物と離れ離れになってしまった時の為を考えて準備しておきましょう。
家族と一緒に写った写真なども数枚用意しておきましょう。

5.クレート、ハウストレーニング等を実施しましょう

日頃から避難所での生活も想定してトレーニングしておきましょう。
無駄吠えを無くし、日頃のしつけもしておきましょう。

6.避妊・去勢手術をしましょう

飼主とはぐれて放浪する動物達が繁殖して数を増やして問題になることがあります。
不幸な動物を増やさないためにもご検討下さい。

7.狂犬病・混合ワクチン等病気への予防をしましょう

避難先で暮らすためにも日頃の疾病予防対策は必要です。感染症予防のための混合ワクチン、ノミ・ダニ・フィラリアの予防の他、当然のことながら犬であれば狂犬病予防接種と畜犬登録は必須です。

8.地域でのコミュニケーションをとりましょう

犬の場合は毎日の散歩で会う犬仲間どうして、防災や避難に関して事前に情報交換しておくことも大事です。万が一避難所で動物連れであることでトラブルが起きても、飼主が集まり代表を立てて交渉すれば問題解決がよりスムーズになります。またご近所の方々とも日頃から情報交換しておけば飼主不在時の対応や緊急時の助け合いが可能かもしれません。地域の防災訓練に参加しておくのもよいことと思います。

東京都獣医師会
夜間診療ネットワーク
江東区役所ホームページ
江東区の動物病院 東京都獣医師会江東支部
公益社団法人 東京都獣医師会 江東支部
©2015 公益社団法人 東京都獣医師会 江東支部. All Rights Reserved.